カテゴリ:旅( 153 )

奈良(10月14日 金 2016年)

a0099744_1815237.jpg
JR鉄道の日記念きっぷで奈良にお出かけしてきました! 
鹿と戯れたりカフェ巡りしたり・・
のんびりと気持ちいい季節を満喫してきました。
a0099744_18151618.jpg
a0099744_18152998.jpg
大仏池で出会った子鹿も東大寺の鹿も穏やかな表情で
とっても可愛かったです。
a0099744_18154460.jpg
a0099744_18155751.jpg
東大寺・戒壇院の裏手にある大正時代に作られた古い乳酸菌飲料の工場を
リノベーションして作られたカフェ工場跡事務室でランチをいただきました
店内もすごくいい雰囲気でゆったりした時間が流れていました。
a0099744_18161237.jpg
a0099744_18162564.jpg
憧れのくるみの木にも行くことができて嬉しかったです。
線路沿いの土地を上手に活用されていてお庭も素敵でした。
a0099744_1816344.jpg
美味しそうなケーキがいろいろで迷いましたが
ナッツのタルトをいただきました♡
a0099744_1817255.jpg
a0099744_18171946.jpg
a0099744_18173363.jpg
壁に這わせたブドウや可憐なお花にうっとり・・
a0099744_18174384.jpg
a0099744_18175519.jpg
伝書鳩と奈良の貝ボタンをお土産に連れてかえりました。
a0099744_1818623.jpg

by atorie-n | 2016-10-16 19:26 |

姫路城(4月2日 土 2016年)

a0099744_1833524.jpg
敦賀から新快速を利用すると青春18きっぷでも遠くへ行けるので、
ちょっと気合いを入れて姫路城に行って来ました。
白亜の姫路城と桜が見事にコラボレーション・・
天守閣の見学は2時間待ちだったので断念しましたが、桜が満開の
最高の姫路城を堪能できました。
a0099744_1834928.jpg
どの角度から見ても美しかったです!
a0099744_184010.jpg
まさに国宝!!
a0099744_184135.jpg
黒田官兵衛ゆかりの石垣。
a0099744_1842971.jpg
約1000本の桜が満開!
ウグイスが唄うように鳴き、鯉がゆうらりとお堀を泳いで夢のようでした。
a0099744_1844140.jpg
サクラサク姫路城・・
桜の季節は格別です。
a0099744_1845460.jpg
a0099744_185545.jpg
a0099744_1851663.jpg
a0099744_1852910.jpg
隣接する公園も手入れが行き届いていて素晴らしかったです。
可愛いお花がいっぱい咲いていました。
a0099744_1854153.jpg
a0099744_1855222.jpg
a0099744_186617.jpg
a0099744_18621100.jpg
山桜は葉っぱも綺麗だなぁ
こぼれるように咲いていた椿もウットリ・・
a0099744_1863563.jpg
紅葉の季節にまた訪れたいです☆
a0099744_1865028.jpg

by atorie-n | 2016-04-04 15:33 |

京都・街中散策(3月31日 木 2016年)

a0099744_2051317.jpg
青春18きっぷで京都に行って来ました。 
桜は満開、おみくじは大吉!
レトロ建築巡りをしたり、路地を散策したり、お買い物したり・・
充電の1日でした。
a0099744_2052389.jpg
高瀬川の桜が綺麗でした。
六角堂の幸福鳩みくじはこの時期限定の桜色もありましたが、
目が合ったこの鳩さんにしたら大吉でした〜
a0099744_2053491.jpg
京都市役所近くの広東料理・鳳泉で名物のクワイの入った焼売と
海老かしわ蕎麦をガッツリいただきました。
a0099744_2054638.jpg
a0099744_2055986.jpg
寺町通りの気になるお店を覗いたり、ちょこちょこお買い物して
面白い発見もいっぱいでした。
a0099744_2061236.jpg
烏丸通り、三条通り、寺町通り、御池通り、木屋町通り、
祇園から六波羅蜜寺周辺までひたすら歩きました。
a0099744_2065099.jpg
偶然、こんな道に出会うと血が騒ぎます。
京都は奥行きが深くて謎好きにはたまりません!
いつまでも歩いていたかったです。
a0099744_2065971.jpg

by atorie-n | 2016-04-04 15:10 |

長浜(10月17日 土 2015年)

a0099744_1310489.jpg
マキノサニービーチでのんびりした後、長浜へ。
江戸時代から明治時代につくられた黒漆喰の歴史的建造物を活かした
昔ながらの古い町並みを散策しました。
a0099744_13105820.jpg
ちょうどきもの大園遊会が開催されていたので賑やかでした。
各町内13カ所の山蔵に保管されている曳山も見ることができてラッキー!
長浜曳山祭は毎年4月に行われる祭礼で曳山の舞台上では子ども歌舞伎が
行われます。
a0099744_1311916.jpg
長浜きもの大園遊会は全国から集まった着物女性約1000人がそぞろ歩く
日本一の着物イベントなのだとか・・
古い町並みに着物姿が映えて素敵でした。
a0099744_1311216.jpg
a0099744_13113028.jpg
ぐるぐる歩き回って最後に長浜城を見て帰りました。
戦国時代末期に豊臣秀吉が城主として過ごした長浜城は江戸時代前期に
廃城されましたが、昭和58年に復元され歴史博物館として公開されています。
a0099744_13113914.jpg
茶しん長浜名物グリーンソフト(250円)
お猿のキャラクターとコーンのふたがカワイイ!
お茶屋さんのグリーンソフトなので抹茶が濃くて美味しかったです。
こういうささやかな御当地ものをいただくのも旅の醍醐味♪
a0099744_13115083.jpg

by atorie-n | 2015-10-19 14:27 |

滋賀・マキノビーチ(10月17日 土 2015年)

a0099744_11381313.jpg
鉄道の日記念JR西日本一日乗り放題きっぷでお隣の滋賀へ。
今回はマキノサニービーチと長浜を散策してきました。
a0099744_1138235.jpg
マキノビーチは琵琶湖で最も美しいと言われている奥びわ湖の
湖畔にある白砂の広がるビーチです。
青松が生い茂っていてキャンプ場もありますがシーズンオフなので
とても静かでした。
水鳥たちものんびり・・
a0099744_11383470.jpg
琵琶湖の間近に家が立ち並んでいてお庭の木や花が大らかに
生い茂っていました。
a0099744_11384763.jpg
水害を防ぐ為に築かれた石垣や古い町並みも風情があって、
どこまでも歩きたくなるところです。
a0099744_113922.jpg
20分程歩くと小さな漁港があって、釣り人にお魚をもらうために
猫が10匹程集まっていました。
ここではブラックバスやブルーギルが釣れるようです。
a0099744_11391634.jpg
仔猫もいました!
a0099744_1139281.jpg
ハチワレさんも穏やかな表情です。
a0099744_11394021.jpg
路地は猫のパラダイス。
新鮮なお魚を食べているからなのかみんな毛艶がいいです。
a0099744_11395153.jpg
a0099744_1140210.jpg
猫に手招きされて波打ち際を歩くとお魚をくわえた白猫さんと遭遇・・
目が合ったら驚いてお魚を落としてしまいました。
a0099744_11401572.jpg
a0099744_11402470.jpg
a0099744_11403330.jpg
澄んだ綺麗な水の中で石がきらきら輝いていました。
いにしえの欠片も角が取れて緩やかな時を紡ぎます。
a0099744_11404392.jpg
a0099744_1141868.jpg
10分程さらに歩いたところに素敵なカフェがあったのでひとやすみ。
テラス席で琵琶湖を眺めながらフレンチプレスのコーヒーと
洋梨のタルトをいただきました。
a0099744_1141273.jpg
素晴らしい秋晴れの1日・・
懐の大きな琵琶湖の魅力を知ってなんだか健やかな気持ちになりました。
またふらりと訪れたいなぁ。
a0099744_11413765.jpg
午後からは長浜へ。
by atorie-n | 2015-10-18 16:00 |

滋賀県立陶芸の森(3月31日 火 2015年)

a0099744_12594755.jpg
マイキートレインに乗って滋賀県立陶芸の森で開催中の
リサ・ラーソン展に行ってきました!
a0099744_12595880.jpg
滋賀県立陶芸の森は信楽駅から徒歩20分程の小高い丘にあります。
美しい自然に囲まれて、のんびりと芸術を満喫・・
a0099744_130755.jpg
a0099744_1301866.jpg
ウグイスが鳴いている森の中に小川が流れていました。
a0099744_1302735.jpg
a0099744_1354344.jpg
ずっと楽しみにしていたリサ・ラーソン展。
230点もの作品を一挙に見ることができて感激でした。
グスタフスベリ時代に作成されたセンスのいい食器や
ユニークなフォルムの動物シリーズもたいへん刺激を受けましたが、
もっと自由で内面的な作品も興味深かったです。
a0099744_1371930.jpg
a0099744_1372922.jpg
カフェのお皿も素敵でした。
キノコとチーズのリゾットも美味しかったです〜
a0099744_1374035.jpg

by atorie-n | 2015-04-02 11:52 |

滋賀・信楽の旅 1

a0099744_17561389.jpg
リサ・ラーソン展を見た後、信楽の町を散策・・
信楽駅には大勢のタヌキがいました。
a0099744_17562633.jpg
駅前にはセーラー服を着た巨大なタヌキ!
季節によって変身するようです。
a0099744_1756372.jpg
a0099744_17564623.jpg
遥か昔、山に囲まれたこの土地に日本の首都がありました。

聖武天皇の天平14年(742年)国家安寧を願って大仏建立を行うため
紫香楽宮(しがらきのみや)の造営が進められましたが、
山火事や地震のため思うようにいかず、4年余りで平城宮へ再び遷都。
大仏は奈良で完成させられ紫香楽宮は幻の都となりました。
a0099744_17565668.jpg
町中に綺麗な川が流れているのも印象的でした。
a0099744_1757523.jpg
至る所に様々なタヌキがいて、まさにタヌキの聖地といった感じ・・
なんとなく憎めないこの姿かたちは「八相縁起」と呼ばれる
縁起を表しているそうです。
a0099744_17574353.jpg
a0099744_17575427.jpg
a0099744_17584316.jpg
駅から5分程歩くと大きな神社がありました。
こんもりと森が茂って鎮守の杜の雰囲気です。
a0099744_1758528.jpg
狛犬も信楽焼でした。
a0099744_1759127.jpg
手招きされるように道が続いています。
a0099744_1815329.jpg
a0099744_1825080.jpg
a0099744_183452.jpg
古い佇まいの町並、曲がりくねった細い道・・
童心に返って、ひたすら歩き回りました。
a0099744_1835758.jpg
a0099744_184965.jpg
ふと、振り返ると 時が止まっていました。
そんな町角が たまらなく好きです。
a0099744_1842260.jpg
a0099744_1843523.jpg
a0099744_1844684.jpg

by atorie-n | 2015-04-02 11:50 |

滋賀・信楽の旅 2

a0099744_17334174.jpg
窯元巡りも信楽のお楽しみ。
ろくろ坂、ひいろ壷坂、窯場坂、陶美通り・・
陶器でできたタイルが散策路の目印です。
a0099744_17335192.jpg
a0099744_1734345.jpg
a0099744_17341560.jpg
信楽には18の窯元が点在しています。
登り窯や煙突、無造作に置かれた陶器が焼きものの町ならではの
風景をつくり出していて、ぶらぶら歩いているだけで楽しいです。
a0099744_17342643.jpg
a0099744_17343483.jpg
a0099744_17344368.jpg
お地蔵さんのようなフクロウがいました。
素朴で柔らかな土の風合い、自然の豊かさをそのままいかした力強さも
信楽焼の魅力です。
a0099744_17345195.jpg
a0099744_1734599.jpg
a0099744_1741367.jpg
信楽の町は訪れる者にとって非日常の発見に満ちていて、
心ときめく瞬間の連続でした。
a0099744_17414864.jpg
a0099744_17415786.jpg
不思議な空間がひょっこり現れて枝分かれしながら、
さらに奥へ奥へと誘います。
a0099744_1742879.jpg
a0099744_17421992.jpg
丸又製陶さんの登り窯を見学させていただきました。
昔は10ヶ所ほどの登り窯があり、それぞれから立ち上る煙は
壮大な景色を呈していたとのこと。
登り窯は温度管理が難しく重労働であったため、
今はほとんどが電気やガス釜になってしまったそうです。
a0099744_17422979.jpg
a0099744_17424162.jpg
なんだか凄い存在感・・
ドキドキしながら登り窯の中に入らせていただきました。
a0099744_17425411.jpg
信楽は刺激的でとても面白いところでした。
機会があったら紅葉の季節にまた訪れてみたいです☆
by atorie-n | 2015-04-02 11:45 |

京都・嵐山(渡月橋)10月10日 金 2014年

a0099744_23313411.jpg
鉄道の日記念JR西日本一日乗り放題きっぷで京都へ。
今回は嵐山を散策してきました。

嵐山の風景に溶け込んでいた渡月橋。
この橋をお月様が渡っていくところから渡月橋と名付けられたとか・・
京都は訪れるたびに好きになる処です。
a0099744_23314291.jpg
澄んだ川の流れを眺めながら のんびりと橋を渡りました。
a0099744_23315172.jpg
a0099744_23315942.jpg
川沿いは遊歩道になっていて、観光客も地元の人も
思い思いの時間を過ごしていました。
ゆるりと流れる時間も京都の風情です。
a0099744_2332156.jpg

by atorie-n | 2014-10-12 17:27 |

京都・嵐山(天龍寺)

a0099744_21235160.jpg
天龍寺は足利尊氏が高僧 夢窓疎石の薦めによって、
後醍醐天皇の菩提を弔うために建立した臨済宗天龍寺派の大本山。
多大な造営費用は室町幕府が元との貿易を再開して捻出しました。
入り口で睨みをきかせていた達磨図もスケールが大きくて迫力満点。
a0099744_2124269.jpg
広い庭園と大きな池、嵐山や亀山を取り込んだ借景、
そして大方丈、書院といった建物・・
まさに京都の庭園といった趣です。
a0099744_21241386.jpg
夢窓疎石 作庭。
675年前の面影をとどめている庭は わが国最初の史跡・特別名勝、
世界遺産に指定されています。
a0099744_1327311.jpg
方丈から座ってじっくりと眺めるお庭も ため息が出る美しさ・・
a0099744_21242127.jpg
a0099744_21243171.jpg
よく手入れされたお庭には小川が流れ、
風通しのいい空間が広がっています。
a0099744_21243987.jpg
藤袴が光にきらめいていました。
いい季節です。
a0099744_21244937.jpg
竹やぶの中でひっそりと輝いていた八角蓮も印象的でした。
a0099744_21245710.jpg
a0099744_2125627.jpg
団扇の木、椿、猩々袴、馬酔木、木瓜、ツルリンドウ、
芙蓉、蓮、紫陽花、梅、桜・・
季節ごとに花が迎えてくれるお寺です。
a0099744_21251359.jpg

by atorie-n | 2014-10-12 17:24 |