<   2009年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

TUE 29 SEPTEMBER 2009

a0099744_1225525.jpg
昨日は小岩に住む友人宅に行く前に柴又にも
立ち寄りました
駅を出るとフーテンの寅さんが御出迎え・・

帝釈天の仲店は だんご屋、佃煮屋、食堂、仏具屋
健康食品を売る店などが並んでいて
寅さんの実家として描かれている草だんご屋さん
「とらや」もありました
a0099744_124987.jpg
a0099744_1245483.jpg
見事な彫刻が施された二天門
柴又帝釈天は彫刻の寺としても知られています
a0099744_126890.jpg
a0099744_1261086.jpg
a0099744_1263838.jpg
法華経の説話を題材に大正から昭和初期にかけて
彫られた内陣の外壁の十一枚の胴羽目の彫刻は圧巻でした
地上の楽園に舞い降りた天人、象に乗った普賢菩薩
地面から湧き出してきた多宝塔
父親が子供達を火事の中から救出するために
羊、鹿、牛がひく車を用意した三車火宅図・・
a0099744_1271841.jpg
彫刻ギャラリーで素晴らしい彫刻を じっくり鑑賞した後
総檜の書院風建物の廊下から美しい庭園を眺めて一休み
a0099744_12863.jpg
近くの土手を少し歩いた所に「矢切の渡し」がありました
広々として いい風が吹いて 気持ちいい所です
a0099744_12125650.jpg
「どこから来たの〜」と声をかけてくれた おじさん
ワンコも人懐っこいです
a0099744_12132946.jpg
柴又は懐かしい人、懐かしい風景がある街でした
また ぶらりと行ってみたいです
[PR]
by atorie-n | 2009-09-29 12:15 | お出かけ

MON 28 SEPTEMBER 2009

a0099744_11591844.jpg
福島に行っていた友人が東京に戻って来たので
5年ぶりぐらいに会いました
二人で また何かやろうと作戦会議・・

何かを新しく始める瞬間ってワクワクします☆
[PR]
by atorie-n | 2009-09-29 11:59 | 未分類

SUN 27 SEPTEMBER 2009

a0099744_1438649.jpg
自然の生命力って凄いなぁと思う瞬間
アスファルトも なんのその・・
太陽に向かって まっすぐに
葉っぱも重なり合わないように広がって
しなやかに たくましく 自分の力で咲いている
足元の草花に ふと立ち止まり 導かれた一本道
[PR]
by atorie-n | 2009-09-27 19:02 | 花と緑と自然

SAT 26 SEPTEMBER 2009

a0099744_11472257.jpg
少し前までは米パンにハマっていました
今はライ麦パンとベーグルがブーム
近所に天然酵母や石窯のパン屋さんもできたので
美味しいパンが最近のおやつです☆
[PR]
by atorie-n | 2009-09-26 11:48 |

FRI 25 SEPTEMBER 2009

a0099744_953521.jpg
今、書店に並んでいる雑誌は からだにいいこと
ケイコとマナブ、クロワッサン、週刊朝日、栄養と料理
特集ページなど描かせていただきました
週刊朝日では米沢冨美子先生の「朗朗介護」の連載の
タイトルまわりを4パターン描かせていただきました
a0099744_1123319.jpg
イメージも説明図もスッキリと分かりやすく
遊びのあるイラストレーションを心掛けています
お役に立てることがありましたら
どうぞ宜しくお願い致します
[PR]
by atorie-n | 2009-09-26 09:10 | 仕事イラスト

THU 24 SEPTEMBER 2009

a0099744_1832134.jpg
直売所に秋の味覚がズラリと並んでいます
この時期はハズレがありません
カボチャは毎回ホクホク・・
今日は農家の方が山で採ってきた山くりを
分けていただきました
お菓子よりも甘いです〜
[PR]
by atorie-n | 2009-09-24 18:32 |

TUE 22 SEPTEMBER 2009

a0099744_23544662.jpg
ゴーギャン展 閉幕まで あと1日になってしまったので
慌てて国立近代美術館へ行って来ました
日本初公開となるボストン美術館門外不出とも言われる大作

我々はどこから来たのか
我々は何者か 
我々はどこへ行くのか

謎めいたタイトルとともに、後世に残されたゴーギャンの
精神的な遺言とも言える集大成的な傑作

私は もはや言葉を絵では表現しません
私は文学的な手段に少しもたよらず
できるだけ単純な技法を用いて、暗示的な構図の中に
私の夢を表現しようとしたのです
「フォンテナス宛書簡 1899年3月」

ゴーギャンがどうやってゴーギャンになっていったのか
先祖がインカに繋がってること
パリで生まれ1歳から7歳までペルーのリマで育ち
船乗りになり世界中を旅してパリの株式仲買人として
成功して結婚(5人の子供に恵まれる)
35歳の時に突然仕事をやめて画家になる決意をする(家庭崩壊)
ブルターニュ地方で過ごした後パナマ、マルチニーク島へ
その後、ゴッホと南仏アルルで2ヶ月間共同生活
自分が描くべき楽園があると信じて南太平洋のタヒチ島へ
2年後にパリに戻るがタヒチで描いた絵が理解されず
ヨーロッパに戻らない覚悟で ふたたびタヒチへ旅立つ
最後はマルキーズ諸島ヒヴァオア島で54歳で死去

なんだかすごい行動範囲に驚いたのと同時に
ゴーギャンの痕跡を点と線で繋いだ世界地図を見ると
遺作の絵の構図によく似ている気がしました

強烈なメッセージとエネルギーを発しているゴーギャンは
謎好きには たまらなく魅力的な人物・・
松本清張の「駅路」という作品で突然 家族の前から
姿を消す男が愛していたのがゴーギャンの絵だったという
話もありました

ゴッホとの関係や母親がペルーの血を引く女性運動家
フロラ・トリスタンの娘というのも興味深いことですが
今回もっとも気になったのはゴーギャンの人間性でした
繰り返し描かれてきた意味深なモチーフ
明るさと暗さを併せ持った独特の色彩
コラージュのような画の構成・・
混迷する現代に向けられたメッセージとして
あらためてゴーギャンの芸術を捉えなおすと
見えなかったものが見えてくる気がします
a0099744_23312062.jpg
時間があったので工芸館にも行きました
明治の洋風煉瓦造り建築も美しく館内の椅子も
アアルト、バタフライスツール、ラパン・・
お堀の白鳥も優雅でした
a0099744_233267.jpg

[PR]
by atorie-n | 2009-09-22 23:33 | お出かけ

MON 21 SEPTEMBER 2009

a0099744_1845073.jpg
空気が乾燥して喉がいがらっぽいのでエルダーフラワーの
ハーブーティーを飲んでいます
エルダーフラワーは日本ではあまり馴染みがありませんが
ヨーロッパでは「万能の薬箱」と呼ばれるほど多くの病気の
治療と予防に効果があるのだとか・・
イギリス在住のmappetさんのブログで知りました
マスカットのような甘い香りも癒されます〜
[PR]
by atorie-n | 2009-09-21 18:06 |

SAT 19 SEPTEMBER 2009

a0099744_22534932.jpg
ニワコヤさんのフリマに参加させていただきました
お天気にも恵まれて大盛況!
入れ替わり立ち代わり沢山の人が来てくださいました
a0099744_22311334.jpg
一緒に参加したYちゃんの隣で古いトランクに
アトリエnの商品を並べてお店屋さんごっこ・・
麻ノートをまとめて買ってくださったお客様もいらして
いろんな方とオシャベリできたのも楽しかったです

カフェメニューはナッツとナンプラー、梅、きゃらぶきの
おにぎりとチキンバーガー
a0099744_2231421.jpg
チビッコ達が作ったクレープも美味しかったです
a0099744_22322759.jpg
Nさんは50円でアンティークのバックをGETして大喜び
私はビワとマヌカハニーの手作り石鹸とアクセサリーの
パーツなど譲っていただいてニンマリ・・
楽しい時間を ありがとうございました!!
a0099744_22345140.jpg

[PR]
by atorie-n | 2009-09-19 22:46 | 未分類

FRI 18 SEPTEMBER 2009

a0099744_1265797.jpg
明日19日(土)ニワコヤさんのフリーマーケットに
参加させていただきます
陶ボタンのカードや麻の手描きノートなど
ちょこっと販売させていただきます〜
詳細はニワコヤさんのHPをご覧くださいませ→
[PR]
by atorie-n | 2009-09-18 12:07 | 未分類