<   2013年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

TUE 29 OCTOBER 2013

a0099744_15273976.jpg
直売所で分けていただいた秋のお花を飾りました。
鮮やかな深い色に胸キュン!
実ものも可愛いなぁ・・
a0099744_15275095.jpg
1週間ほどしたら実が弾けて、中から黒い実が沢山現れました。
すっごく綺麗です。
a0099744_1535471.jpg

[PR]
by atorie-n | 2013-10-29 23:23 | 直売所

MON 28 OCTOBER 2013

a0099744_1173848.jpg
グーンと伸びてゴロンゴロンして全身で日溜まり充電中〜
a0099744_1175054.jpg

[PR]
by atorie-n | 2013-10-28 11:15 | 猫のピカ&リリー

SAT 26 OCTOBER 2013

a0099744_1345129.jpg
明治10年に学校として建築された白雲館は1994年に
解体修理された際に、創建時の姿に復元され、
近江八幡の観光案内所として活用されています。
2階は市民ギャラリーになっていて、ちょうど観光の中心地に
あるので憩いの場といった感じでした。
a0099744_135095.jpg
下の写真は近江兄弟社に展示されていた昔のメンソレータムの類似品。
メンソレータムは今も昔も人気があるので類似品の数もすごいです。
a0099744_1351218.jpg
あまり知られていませんがメンソレータムは数奇な運命を辿りました。
創業者のヴォーリズ亡きあと経営が苦しくなった近江兄弟社は
自主再建を断念し、1974年に倒産・・
メンソレータムの日本での販売権もアメリカの本社に返上しました。

翌年1975年にロート製薬がメンソレータムの日本での販売権を取得。
さらに1988年にはメンソレータム社本体をロート製薬が買収して、
自社の海外拠点にしてしまいました。
a0099744_135213.jpg
その後、大鵬薬品工業の資本参加で なんとか復活した近江兄弟社は
メンソレータムの略称として従前より商標登録してあった「メンターム」を
商品名としてオリジナルの類似製品を販売することになりました。
もちろんマスコットキャラクターの「リトルナース」は使用できないので、
ギリシア神話の医術神アポロンをモデルとした「メンタームキッド」が
パッケージのデザインです。

巡り巡って類似品のメンタームが元のメンソレータムの
名前になってしまったという、笑い話のようなホントの話・・
今後の行方も気になります。
[PR]
by atorie-n | 2013-10-26 10:55 | レトロ探求

FRI 25 OCTOBER 2013

a0099744_136369.jpg
近江八幡で見かけた 昭和な食堂・・
「初雪食堂」をまっすぐ行くと「青空食堂」がありました。
姉妹店というわけではなさそうですが「食堂」が似合う町です。

近江牛の老舗のお店も多く、あちこちからお肉の焼けるいいにおい・・
八幡堀の蔵のお店でいただいた名物の赤こんにゃくが入った牛丼も
美味しかったです。
a0099744_1361599.jpg

[PR]
by atorie-n | 2013-10-25 19:05 |

THU 24 OCTOBER 2013

a0099744_19283648.jpg
近江八幡で出会ったレトロな面格子・・
とてもいい表情をしていました。
a0099744_19284764.jpg
すっかり色あせて馴染んでいた火の用心のバケツとドラム缶。
昭和40年代頃からそこに佇んでいたのではないかと思われます。
後ろの面格子とその奥の型板ガラスも・・
思わず立ち止まって見とれてしまいました。
a0099744_19291345.jpg
a0099744_19292346.jpg
雰囲気のある古い建物に心惹かれます。
ひなびた町の路地裏散策・・
時代を感じるタイルも独特のオーラを放っていました。
a0099744_19293729.jpg
絶妙な色彩のターコイズブルーのスクラッチタイル。
均一なものにはない味があります。
手間を省いた分、現在はタイルもガラスも面格子も
ほとんどが無機質なものになってしまいました。
a0099744_19294757.jpg
タイル巻きの柱を発見!
エメラルドグリーンの細長いモザイクタイルって、
なんて素敵なんだろう・・
a0099744_19295590.jpg
こちらの面格子も昭和なミドリ。
傾いたオレンジ色のポストもお愛嬌といった感じでした。
a0099744_1930912.jpg

[PR]
by atorie-n | 2013-10-24 22:20 | レトロ探求

お知らせ

10月4日にネットの調子が悪かったようで、
いただいたメールを確認できませんでした。
ご迷惑おかけして申し訳ございません!

いただいたメールは数日以内に必ずお返事しています。
今後、メールの返事がないことがありましたら、
再度送信していただくか、お電話いただけたら幸いです。

どうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
by atorie-n | 2013-10-22 22:11

TUE 22 OCTOBER 2013

a0099744_1831181.jpg
近江八幡のマンホールの蓋のデザインは一般公募で
選ばれたようです。
八幡堀の両側に白壁の蔵の風景と奥に八幡山。
近江商人のそろばん玉の柄の暖簾と市の木のサクラのデザイン。
今回のマンホールの蓋も情報がギュッと凝縮していました。

古い町並みが残っている近江八幡では透かしブロックも
味わい深かったです。
a0099744_1832144.jpg
レトロモダンな雰囲気もステキでした。
石で塞がれた下の三角の透かしブロックは
誰かの通り道だったのかもしれません・・
どうでもいところが気になります。
a0099744_1833022.jpg
不思議な組み合わせも気になりました。
a0099744_1833976.jpg
a0099744_1835034.jpg
ずらりと整列するとアートな感じです。
透かしブロックの穴からヒョロリと伸びた植物や
職人さんの遊び心を見つけるのも ささやかな楽しみです。
a0099744_184096.jpg
ヴォーリズの学校の瓦塀にもアクセントのように
透かしブロックが使われていました。
a0099744_1841164.jpg

[PR]
by atorie-n | 2013-10-22 18:43 | 路上観察・自由研究

SUN 20 OCTOBER 2013

a0099744_1024106.jpg
久しぶりのピカ。
相変わらずフワフワのキラキラです。
[PR]
by atorie-n | 2013-10-20 10:34 | 猫のピカ&リリー

FRI 18 OCTOBER 2013

a0099744_1451109.jpg
近江八幡で出会ったニャンコ。
雄叫びをあげながら駆け寄って来たので、撫でたり、腰ポンしたり、
しばらく一緒に遊びました。
a0099744_14511941.jpg
どこに行っても猫が見つけてくれて嬉しいです。
a0099744_14512920.jpg
いつも待ち伏せしていたストーカー猫→

いきなりケンカを吹っ掛けられたヤンチャ猫→
[PR]
by atorie-n | 2013-10-18 09:30 | 猫 犬 鳥 虫 生きもの

近江八幡・町並み

a0099744_1621814.jpg
近江八幡は豊臣秀次が戦国時代に築いた城下町を基礎として、
近江商人発祥の地として発展しました。
a0099744_16211718.jpg
町はとても機能的にできていて、八幡堀と直角に12の通りを配し、
それに直交して4本の筋が通され、職人町、商人町、
仲介商人町などが碁盤の目のように整えられています。
a0099744_1621279.jpg
近江商人は八幡堀の地の利を活かし、畳表、蚊帳、数珠などの
地場特産品を元手に、江戸や京都をはじめ全国各地で
特産品を仕入れて、別の場所で売りさばくといった無駄のない
持下り商いをしました。
a0099744_16213821.jpg
自分が見込んだ地域へ毎年出かけ、得意先を開拓し、
行商先の人々との間に信用という目に見えない財産を築き、
互いの場所にないものを融通し合う三方よしの商い・・
a0099744_16214932.jpg
近江商人の家訓として知られる経営理念「三方よし」は
売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手が心の底から
満足し、さらに商いを通じて地域社会の発展や福利の増進に
貢献しなければならないという意味があるのだとか・・
a0099744_1621598.jpg
近江商人ゆかりの町並みは駅から少し離れていたため、
都市化されずに広範囲で歴史的景観が保たれていました。
a0099744_1622818.jpg
売り手よし・買い手よし・世間よしという「三方よし」の精神で、
自らの肩に天秤棒を担いで全国に行商に出かけ、
新しい市場を開拓した近江商人・・
プラスのエネルギーに包まれた日本の真ん中の町で、
幸せのヒントを沢山いただきました☆
a0099744_16221779.jpg

[PR]
by atorie-n | 2013-10-17 10:00 | 路上観察・自由研究