人気ブログランキング |

高山の旅 3

高山の旅 3_a0099744_18344744.jpg
毎日開催される高山の朝市。
地元で取れた野菜、果物、漬物、民芸品などが
陣屋前と宮川沿いの道路に所狭しと並びます。
高山の旅 3_a0099744_1812402.jpg
冬場でお店は少なめでしたが、活気があって、
お店の人と会話したり、味見しながら
ちょこちょこお買い物するのも楽しかったです。
高山の旅 3_a0099744_18125370.jpg
高山の旅 3_a0099744_18132783.jpg
焼きたての香ばしい みたらし団子を頬張りながら散策・・
高山の旅 3_a0099744_1814168.jpg
高山の旅 3_a0099744_18304436.jpg
Nさんに連れて行ってもらった高山ラーメンのお店。
あっさりした醤油味のスープに細いちぢれ麺、
自家製メンマと厚いチャーシューも美味しかった〜
高山の旅 3_a0099744_18143150.jpg
飛騨牛を使った牛丼もメチャクチャ美味しかったです。
シャキシャキする長芋のお漬物にも感激!
高山の旅 3_a0099744_1815570.jpg
Nさんのお母様が手作りされた「品漬け」は絶品でした。
赤蕪、菊芋、赤茸、ネズミ茸、キュウリ、ナス、茗荷の
さっぱりした塩漬け・・
お漬物にキノコが入っていることにビックリ!
ほどよく酸味があって、塩加減もちょうどいいので
サラダ感覚でいただきました。

田舎味噌風味の「鶏ちゃん焼」も初めていただきましたが、
飛騨の郷土料理は また食べたいと思わせるパワーがあって
素晴らしいなぁと思いました。
高山の旅 3_a0099744_18152837.jpg
Nさん家に2泊させていただいたのですがオールドパイレックスと
アルコパルの器でテーブルセッティングしてくれた朝食も
記憶に残るひと時でした。

奥のお皿は「マッチメーカー」という名前がついているそうです。
マッチメーカーとは独身男女の世話を焼く職業的な結婚仲介人の
ことだそうで、なんだか洒落てます。
ちなみに手前のお皿は「チェルシー」という名前でした。
どんな物語が潜んでいるのか気になります。
高山の旅 3_a0099744_18154735.jpg
高山の旅 3_a0099744_1816638.jpg
2日目のワークショップの後、NさんとNさんのお母様、
ちょうど帰省されたNさんの息子さんとイタリアンのお店で
ディナーをご一緒させていただきました。
この夜の宴も旅の楽しい思い出です。
高山の旅 3_a0099744_1828226.jpg

by atorie-n | 2012-01-11 18:35 |
<< 高山の旅 2 高山の旅 4 >>