カテゴリ:旅( 161 )

北海道の旅・札幌(7月8日 日〜12日 木 2018年)

a0099744_20264497.jpg
7月8日(日)〜12日(木)
夏の北海道を一人旅してきました!
初めての北海道だったので札幌や小樽、富良野になんとか辿り着けて、
本当に嬉しかったです。

チープな旅なので行きは小松空港からANA旅割75で、
帰りは関空着のLCCピーチエア+大阪から敦賀までの新快速を利用。
札幌国際ユースホステルのシングルルームも快適でした。
a0099744_20265224.jpg
新千歳空港から札幌駅はエアポートライナーが15分間隔で
通っていて40分程で到着。
札幌は思っていたより大都会で外国の観光客も多く活気に溢れていました。
初日のワクワクした気分で大通公園を散策・・
a0099744_20265969.jpg
札幌は街中に大きな公園や山があって自然がいっぱいです。
まだ陽も明るかったので大通公園から地下鉄で3駅目の円山公園へ。

a0099744_20271074.jpg

緑豊かな公園内の神宮でお目当てのエゾリスを発見して興奮しました!
a0099744_20272420.jpg
すばしっこいので上手く写真が撮れませんでしたが、
クリクリした瞳のエゾリスさんが目の前にやって来てくれて、
小首をかしげたり見つめ合ったり・・
いたずらっ子のような表情も可愛かったです。
a0099744_20274129.jpg
今回の旅は「リス」がキーワード。
円山公園の登山口付近でも何匹もエゾリスを見かけることができて、
とてもラッキーでした。

a0099744_20304474.jpg
円山公園近くの珈琲好きの聖地森彦珈琲本店
とびきり美味しい珈琲とケーキをいただきました。
a0099744_20275180.jpg
ネルドリップで丁寧に落としたオリジナルブレンド森の雫は
ここでしか味わえない珈琲なのだとか・・
裏路地の木造民家も雰囲気満点でした。

a0099744_20275944.jpg
ちょっと道に迷いましたがスープカレーの老舗にも
なんとか行けてヨカッタです〜
a0099744_20280836.jpg

密度の濃い旅の初日・・
a0099744_20281750.jpg
ひょいっと北海道にやって来られたことが不思議で、
ライトアップされたさっぽろテレビ塔も
すすきの交差点の夜景も 幻のようでした。
a0099744_20283253.jpg

[PR]
by atorie-n | 2018-08-02 14:44 |

北海道の旅・Momo Cafe

a0099744_08000059.jpg
旅の2日目は曇りのち小雨、肌寒い気温・・
ちょっと気合いを入れて電車とバスを乗り継ぎ、
さらに45分程歩いた森の中のカフェを目指しました。
a0099744_08000752.jpg
Momo Cafeさんはツイッターで大人気のリスが窓を
トントンするカフェです。
フォトブック
りすが遊びにやって来る森のカフェの12ヶ月で知り、
ツイッターでリスや猫たちを拝見するのが楽しみで、
いつか行けたらいいなぁと思っていました。

a0099744_08001583.jpg
想像どおり素敵なお店でお庭もいい雰囲気です。
ふと見ると、カタツムリもメルヘン!
初めて見る不思議な形のカタツムリに見入ったり、
可憐な北国の植物にも魅せられました。

a0099744_08002787.jpg
お店の向かいには綺麗な小川が流れていて、
橋を渡ると絵本に出てくるような小屋がありました。

a0099744_08003523.jpg
なんだかムーミン谷に迷い込んだような気分・・
リスや猫はいませんでしたが いろんな気配を感じました。

a0099744_08004214.jpg
a0099744_08004900.jpg

お店の中へ入ると またまた素敵!
a0099744_08010407.jpg
チャイミルクティーとグレープフルーツのタルトもお洒落で、
メチャクチャ美味しかったです。
お手頃価格にも驚きましたがクオリティーと女子力にも脱帽!

a0099744_08011620.jpg
人気店なので次から次へとお客様がいらっしゃって満席でしたが、
お待ちの方はいらっしゃらなかったのでロールケーキも頂いてしまいました。

心ときめく物語を感じる おもてなしに胸キュン♡
a0099744_08012481.jpg
いつもツイッターで拝見している猫たちに会えて感激!
モモカフェさんは猫カフェではないので猫に会えるかどうかは運次第・・
開店してすぐだったので少しお話させていただけたので、
猫たちを連れて来てくださり感謝、感謝です。
a0099744_08015959.jpg
仲良し兄弟のボンボンとファーファ。
モモカフェさんで暮らす9匹の猫たちは ほとんどが保護された猫のようです。
a0099744_08014139.jpg
モフモフは真冬の朝に突然やって来たそうです。
マイナス20度の寒さを生き抜いて、ここに辿り着けて本当によかった!

写真は撮れませんでしたが店長猫のチィチィは目が不自由でも
自由に歩き回って木にも登れます。
モモカフェさんの猫たちはワイルドで生命力に溢れてキラキラしていました。
a0099744_08013009.jpg

そんな強運な猫たちのパワーも充電させていただき、
店主のみらいさんにもお会いできて、とてもとても嬉しかったです。

写真も沢山撮らせていただき、ありがとうございました!

a0099744_08032748.jpg
老婆心ながら参考までに。
モモカフェさんはお一人でお店を切り盛りされているので、
お休みや貸切をツィッターで確認してから行かれた方が良いかと思います。
電車やバスの本数も少なく運休などもある路線なので、
時間に余裕を持ってお気をつけくださいネ。
熊が出没することもあるようなので熊避けの鈴も是非!

[PR]
by atorie-n | 2018-08-02 14:40 |

北海道の旅・小樽

a0099744_17141915.jpg
旅の3日目は小樽へ。
札幌から快速電車で40分程です。
波打ち際を走る車窓からの眺めにワクワク・・

a0099744_17143917.jpg
小樽はノスタルジックな風情があって銀行、店鋪、料亭、倉庫、
漁家、寺院、教会など多種多様のレトロ建築の宝庫で驚きました。
a0099744_17145485.jpg
これだけの近代建築群が残された理由が知りたくて調べたら、
明治以降に著しい発展を遂げた小樽は戦後の急速な産業の衰退で、
貴重な建造物が取り壊されずにすんだのだとか・・

そして、これらの歴史的建造物が再注目され、
現在の「観光地 小樽」が誕生したようです。

a0099744_17150893.jpg
旧・岩永時計店(明治29年築)

細部にも小樽最盛期の商人の意気込みが感じられる意匠でした。
店員で編成された楽団を持っていたというのも興味深いです。

a0099744_17153097.jpg
施工は小樽公民館、旧北海道銀行本店などの小樽の和から洋に至るまで
多くの建築物に携わった加藤忠五郎。
後に活躍する札幌の建築家も加藤の元で働いていたようです。

a0099744_17154901.jpg
旧・日本銀行 小樽支店(明治45年築)
当時の最先端の技術や洗練されたデザインが施され圧倒的な存在感でした。

こんな建物が残っていると街全体がグッと奥行を増して、
優雅な雰囲気になるから不思議です。
北のウォール街と呼ばれていた小樽の歴史と文化を
もっともっと知りたくなりました。
a0099744_17161925.jpg

小樽観光運河プラザ案内所に展示されていたマッチから垣間見る小樽も
ハイカラで独自の文化が繁栄していたことがうかがえます。
a0099744_17163242.jpg
a0099744_17170735.jpg
明治24年築の漁業用倉庫を再生した北一硝子・三号館・北ホールは
167本の石油ランプのみで店内が照らされている喫茶ホール。
タイミング良くスタインウェイのピアノ演奏も聴くことができて、
夢心地な時間を過ごさせていただきました。

a0099744_17172073.jpg
トロッコ線路が敷かれている石造りの巨大な倉庫群が建ち並ぶ小樽運河は
繁栄と衰退の歴史を色濃く残していました。
美しい運河は まさに小樽そのもの・・

a0099744_17174450.jpg
a0099744_17180557.jpg
小樽は海、山、坂の街でもあります。
坂と坂が交わり合うように街を繋いでいて、
観光地以外の路地や商店街も趣がありました。
港で見かけた大型のカモメも北国らしかったです。
a0099744_17182327.jpg

[PR]
by atorie-n | 2018-08-02 14:35 |

北海道の旅・天狗山(小樽)

a0099744_17242718.jpg
小樽の天狗山にも行きました。
小樽駅からバスで20分程(市内線バス1日乗車券+ロープウエイ往復1480円)
お目当てのシマリスに会えて感激!

a0099744_17252746.jpg
野生のシマリスと触れ合える「シマリス公園」
6月上旬~9月下旬まで開園・入園無料
100円のガチャガチャでエサを購入できます。

a0099744_17260061.jpg
数匹しかいないようなので時間帯によっては姿を見せないことも
あるようですが、夕方で雨も降り始めたので ほぼ貸し切り状態で
シマリスと戯れることができました。
a0099744_17261842.jpg
手からヒマワリの種を食べてくれて、乗っかったときの体の重さや
ちっちゃな肉球の感触が たまらなく可愛かったです。
a0099744_17263559.jpg
巣穴に潜ったり、顔を出したり、土の中に餌を隠したり・・
ぷっくりホッペも丸っこい後姿も愛嬌満点!
リスの可愛さにメロメロになってしまいました♡
a0099744_17265117.jpg

天狗の鼻を撫でると願いが叶うという天狗山神社・・
a0099744_17271197.jpg
全国から天狗に関する品が700点程集められた「天狗の館」も
マニアックで見応えがありました。

a0099744_17273517.jpg
地方別に展示されていて有馬温泉の天狗はヒョウタン!
有馬温泉を愛した太閤秀吉の馬印として縁起のよさそうな天狗です。

a0099744_17275332.jpg
ガラスケースの中に飾られていた等身大の猿田彦神は
シュールすぎて写真が撮れない迫力でした。
a0099744_17281172.jpg
霧の中の空中散歩・・
生憎のお天気になってしまって絶景は見られませんでしたが、
早朝から夕方まで小樽を歩き回り、発見の多い1日でした。
a0099744_17285334.jpg


[PR]
by atorie-n | 2018-08-02 14:30 |

北海道の旅・中富良野(ファーム富田)

a0099744_17334972.jpg
旅の4日目は中富良野へ。
札幌から富良野までの高速バス(往復4150円)を利用しました。
富良野駅から中富良野駅行きのバスに乗って25分程歩くとファーム富田です。
途中、町営のラベンダー園もあり、いたる所にお花畑がありました。

a0099744_17340885.jpg
ファーム富田は想像以上に広大で、まさに圧巻のファーム!
辺り一面に広がるラベンダーが本当に綺麗で、とってもいい香りでした。

a0099744_17344094.jpg
美しいグラデーションにウットリ・・
全てのエリアを見るだけでも大変ですが、
4km離れた所に日本最大級のラベンダーイーストもあります。
a0099744_17342597.jpg
これだけの花を見たのは人生初かも・・
さすが北海道です。
a0099744_17351986.jpg
a0099744_17363788.jpg
バイクもスタッフの方々のユニフォームもラベンンダー色!
隅々まで素晴らしくて入場無料というのも脱帽です。

a0099744_17365177.jpg
a0099744_17371560.jpg
ショップのディスプレーのドライフラワーにも圧倒されました。
オランダ人フラワーデザイナーのレン・オークメイド氏によるアレンジで、
ドライフラワーで高い天井まで景色が作られていました。
a0099744_17375819.jpg
a0099744_17382413.jpg
ヒョウタンやカボチャもオシャレに飾られていて、
アレンジというより、まさにアート!
a0099744_17385589.jpg

ドライフラワーのイメージが変わるほど色鮮やかで素敵でした♡
a0099744_17391120.jpg


[PR]
by atorie-n | 2018-08-02 14:25 |

北海道の旅・中富良野(北星山)

a0099744_17452651.jpg
ファーム富田に行く途中にあった町営のラベンダー園にも行きました。
北星山スキー場斜面に咲く花のグラデーションが美しくて、
こちらは長閑なカンジです。 
a0099744_17454583.jpg
珍しい白いラベンダーも綺麗でした。
a0099744_17460900.jpg

エゾリスの道という看板に手招きされて歩いてみると、
いい雰囲気のカフェやペンション、レンタサイクル屋さんがありました。
a0099744_17462910.jpg
a0099744_17470162.jpg
白樺にロープを張って洗濯物を干している ゆる〜いカフェに惹かれて
ランチをいただきました。
クルミが沢山入ったサラダ、タコライスとキッシュも美味しくて、
毎年エゾリスが雨樋に巣をつくるお話など聞かせていただきました。

a0099744_17471337.jpg
サービスでいただいたスイカが甘くて瑞々しくて、
富良野はメロンの他にもスイカも特産物なのだとか・・

a0099744_17474345.jpg

カワイイ看板のペンションにはロバがいました!
a0099744_17480440.jpg
ジーッと見ていたら近づいて来てくれて、
柵から顔を出して美味しそうに草を食べ始めました♡
a0099744_17482483.jpg
a0099744_17492782.jpg
この夏、最初のスイカの味も、北海道で出会った大らかな人たちも、
可愛い動物たちも、夢のように美しい花々も旅の記憶に刻まれて、
北海道がますます好きになりました。
また北海道に行けますように・・!
a0099744_17494009.jpg


[PR]
by atorie-n | 2018-08-02 14:20 |

北海道の旅・マンホール蓋

a0099744_17575178.jpg
北海道の屋根は四角や三角、への字、V型、駒形・・
どこか異国のように見えるのはカラフルなトタン屋根だからかもしれません。

雪が凍りついてしまうので瓦屋根は ほとんどないようです。
そんなことも行ってみないと気づかなかったことでした。

a0099744_17580708.jpg
暮らしの営みが感じられる ささやかなことに興味があるので、
マンホールの蓋から考察する北海道も興味深いものがありました。

旧・追分町のマンホール蓋(室蘭本線・追分駅付近で採集)
エゾ鹿と木白樺、エゾ山桜、赤いヒマワリ。

a0099744_17582767.jpg
旧・早来町のマンホール蓋(室蘭本線・早来駅付近で採集)

2006年に早来町と追分町が合併して誕生した安平町は人口9千人の
農業と牧畜業が主産業の町です。
安平町に舞い降りた雪を送り届ける「雪だるま小包」で町おこしに成功。
金額は小(3kg)4000円 大(7kg)5000円
2008~2009シーズンまでに通算66500個を国内外へ
発送しているというのも驚きです。

a0099744_17584747.jpg
小樽市のマンホール蓋(小樽駅付近で採集)

おたる水族館の人気者だったラッコの親子。
現在はラッコはいないようです。
水族館のラッコはピーク時の122頭から12頭まで減ってしまい
海外からの輸入が難しく国内の繁殖も上手く進んでいないようです。
ラッコは大食いで北海道のウニの養殖を全滅させた前科もあるよーで、
今後の動向も気になります。
a0099744_17591586.jpg
中富良野町のマンホール蓋(中富良野駅付近で採集)

同じ富良野でも富良野町、中富良野町、上富良野町、南富良野町は
ラベンダー観光激戦区なので、それぞれの自治体によって
マンホールのデザインも違うようです。

a0099744_17592530.jpg
北海道のマンホール蓋(中富良野駅付近で採集)

北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)
このデザインは北海道全域で見られるようです。

[PR]
by atorie-n | 2018-08-02 14:15 |

北海道の旅・お土産

a0099744_18014288.jpg
北海道のお土産。
北菓楼の小樽本店の試食で「開拓おかき」を知り、
親会社ホリの「じゃがいもコロコロ」にハマりました〜
秋田の「あつみのかりん糖」以来の美味しい発見です。

もの珍しいチーズ羊羹は早来駅でGET!
ほんのりミルキーな羊羹といったカンジでした。

[PR]
by atorie-n | 2018-08-02 14:10 |

奈良(10月14日 金 2016年)

a0099744_1815237.jpg
JR鉄道の日記念きっぷで奈良にお出かけしてきました! 
鹿と戯れたりカフェ巡りしたり・・
のんびりと気持ちいい季節を満喫してきました。
a0099744_18151618.jpg
a0099744_18152998.jpg
大仏池で出会った子鹿も東大寺の鹿も穏やかな表情で
とっても可愛かったです。
a0099744_18154460.jpg
a0099744_18155751.jpg
東大寺・戒壇院の裏手にある大正時代に作られた古い乳酸菌飲料の工場を
リノベーションして作られたカフェ工場跡事務室でランチをいただきました
店内もすごくいい雰囲気でゆったりした時間が流れていました。
a0099744_18161237.jpg
a0099744_18162564.jpg
憧れのくるみの木にも行くことができて嬉しかったです。
線路沿いの土地を上手に活用されていてお庭も素敵でした。
a0099744_1816344.jpg
美味しそうなケーキがいろいろで迷いましたが
ナッツのタルトをいただきました♡
a0099744_1817255.jpg
a0099744_18171946.jpg
a0099744_18173363.jpg
壁に這わせたブドウや可憐なお花にうっとり・・
a0099744_18174384.jpg
a0099744_18175519.jpg
伝書鳩と奈良の貝ボタンをお土産に連れてかえりました。
a0099744_1818623.jpg

[PR]
by atorie-n | 2016-10-16 19:26 |

姫路城(4月2日 土 2016年)

a0099744_1833524.jpg
敦賀から新快速を利用すると青春18きっぷでも遠くへ行けるので、
ちょっと気合いを入れて姫路城に行って来ました。
白亜の姫路城と桜が見事にコラボレーション・・
天守閣の見学は2時間待ちだったので断念しましたが、桜が満開の
最高の姫路城を堪能できました。
a0099744_1834928.jpg
どの角度から見ても美しかったです!
a0099744_184010.jpg
まさに国宝!!
a0099744_184135.jpg
黒田官兵衛ゆかりの石垣。
a0099744_1842971.jpg
約1000本の桜が満開!
ウグイスが唄うように鳴き、鯉がゆうらりとお堀を泳いで夢のようでした。
a0099744_1844140.jpg
サクラサク姫路城・・
桜の季節は格別です。
a0099744_1845460.jpg
a0099744_185545.jpg
a0099744_1851663.jpg
a0099744_1852910.jpg
隣接する公園も手入れが行き届いていて素晴らしかったです。
可愛いお花がいっぱい咲いていました。
a0099744_1854153.jpg
a0099744_1855222.jpg
a0099744_186617.jpg
a0099744_18621100.jpg
山桜は葉っぱも綺麗だなぁ
こぼれるように咲いていた椿もウットリ・・
a0099744_1863563.jpg
紅葉の季節にまた訪れたいです☆
a0099744_1865028.jpg

[PR]
by atorie-n | 2016-04-04 15:33 |