人気ブログランキング |

<   2012年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

FRI 23 MARCH 2012

FRI  23  MARCH  2012_a0099744_14115893.jpg
庭のあちこちで花を咲かせた黄色いクロッカスが星のように
輝いていました。
キラキラ星の中に佇む王子・・
FRI  23  MARCH  2012_a0099744_14121792.jpg
パープルのクロッカスもクリーム色のクリスマスローズも
見とれてしまうほど可憐です。
FRI  23  MARCH  2012_a0099744_14123190.jpg
花のいい香りに うっとりするピカ
FRI  23  MARCH  2012_a0099744_10242146.jpg
そんな秘密の花園?で2匹は ふたたび出会ったのでした。
まるで運命の悪戯のように・・
14歳の歳の差もなんのその、ピカとリリーの小さな恋の物語が
始まりそうな気配です☆
FRI  23  MARCH  2012_a0099744_14124530.jpg

by atorie-n | 2012-03-23 09:28 | 猫のピカ&リリー

THU 22 MARCH 2012

THU  22  MARCH  2012_a0099744_1915628.jpg
お向かいのマリちゃんとピカの熱愛をフォーカスしました!
2匹は以前からお互いに好意を抱いていたようで、
久々の再会に恋愛に発展した模様・・
THU  22  MARCH  2012_a0099744_1934922.jpg
喜び勇んでピカまっしぐらのマリちゃん。
マリちゃんの愛に応えるピカ。
THU  22  MARCH  2012_a0099744_194239.jpg
実はこの様子をリリーお嬢が一部始終見ていて、
マリちゃんに対して嫉妬心を持ったようです。
メス2対オス1なので仕方ありませんが・・
今後の展開が気になります〜
by atorie-n | 2012-03-22 10:19 | 猫のピカ&リリー

WED 21 MARCH 2012

WED  21  MARCH  2012_a0099744_9471911.jpg
リリーはピカにゾッコン。
気がつくと いつもピカのことを見ています。
WED  21  MARCH  2012_a0099744_9473138.jpg
ピカはツレナイ素振りですが、たま〜にリリーのことを
見ていることがあります。
けしてキライではないようです〜
WED  21  MARCH  2012_a0099744_9474895.jpg
かなり険しい眼差しですが、本当はリリーのことが
大好きなのかもしれません・・たぶん
WED  21  MARCH  2012_a0099744_1558759.jpg

by atorie-n | 2012-03-21 12:21 | 猫のピカ&リリー

TUE 20 MARCH 2012

TUE  20  MARCH  2012_a0099744_9453174.jpg
二十日大根が収穫できました!
とてもちっちゃくて可愛らしい大根です。
TUE  20  MARCH  2012_a0099744_15593478.jpg
ピカ&リリーも本格的に畑をパトロールし始めました。
今年は寒さが長引いて春一番も吹かず、梅の開花も遅いですが、
畑の草取りもしたので、そろそろ種まきしようかなと思います。
TUE  20  MARCH  2012_a0099744_9454449.jpg

by atorie-n | 2012-03-21 12:17 | 畑・ガーデニング

MON 19 MARCH 2012

MON  19  MARCH  2012_a0099744_10413624.jpg
名古屋市美術館のミュージアムショップでポストカードを
いろいろ買いました。
ベン・シャーンの描く線は本当にカッコよくて、色のセンスも抜群!
ピカソのシンプルなフクロウもディック・ブルーナの雰囲気のある
黒猫も脱帽です。
by atorie-n | 2012-03-19 10:50 | 蒐集

SAT 17 MARCH 2012

SAT  17  MARCH  2012_a0099744_1030426.jpg
思わずニンマリしてしまった名古屋市のマンホールの蓋。
1997年から名古屋市に新たに導入されたマンホールで、
下水道局のシンボルマーク「アメンボ君」が描かれています。
アメンボのいる綺麗な水を!という願いが込められているようです。
SAT  17  MARCH  2012_a0099744_10302253.jpg
東邦ガス会社の小型ガスマンホールの蓋。
東邦ガスの頭文字Tをデザインした社章を中心に幾何学模様が
デザインされていて、アートな感じでした。
SAT  17  MARCH  2012_a0099744_10303816.jpg
四角い消火栓は名古屋城と しゃちほこのデザイン。
尾張徳川家で合印として使用されていた「丸に八の字」印が
市章になっています。
このマークは名古屋市が将来に向かって限りなく発展する
象徴として、市旗を始め市バス、地下鉄の車両などにも
図案化して使用され、幅広く市民に親しまれているようです。
SAT  17  MARCH  2012_a0099744_10305676.jpg
覚王山の住宅地で見かけた透かしブロック。
かなり高い塀で菊のデザインも威厳がありました。
SAT  17  MARCH  2012_a0099744_1031127.jpg
古そうなお家のブロック塀の透かしブロックも
とても可愛らしいデザインでした。
SAT  17  MARCH  2012_a0099744_10312699.jpg
名古屋に行く途中、米原駅で乗換えの時間が
30分程あったので、駅の周辺を散策しました。
米原は関西圏の人にはホッとする分岐点・・
駅の売店のうどんの汁も透明です。

滋賀県 米原市のマンホールの蓋は旧米原町の旧町章の中に
市の花「サツキ」外側に市の木「イチョウ」の葉が
デザインされています。
SAT  17  MARCH  2012_a0099744_10313771.jpg
見たことがあるような透かしブロックですが、
苔が綺麗だったので写真に収めました。
SAT  17  MARCH  2012_a0099744_10314839.jpg
旅のオマケも立ち止まって考える きっかけに
なってきました。
日本は小さな島国ですが、奥が深いです。
by atorie-n | 2012-03-17 11:51 | 路上観察・自由研究

名古屋・名古屋市美術館(3月15日木 2012年)

名古屋・名古屋市美術館(3月15日木 2012年)_a0099744_12222098.jpg
名古屋市美術館で開催中のベン・シャーン展に行ってきました。
ベン・シャーンの絵は一度見たら忘れられないほど
独創的で斬新で、深く訴えてくるものがあります。

私が最初にベン・シャーンを知ったのは50〜60年代の
モダンなレコードジャケットや雑誌の洒落た線画でした。
後に1954年の核実験で被爆した第五福竜丸をテーマにした
作品を見た時も衝撃を受け、ベン・シャーンの人間性にも
とても興味を持つようになりました。
名古屋・名古屋市美術館(3月15日木 2012年)_a0099744_12223651.jpg
今回の展覧会ではベン・シャーンのテーマが、社会的問題から
徐々に日々の生活に移り、人間の存在という根本をしっかり捉えて
力強いメッセージとともに一本の線に繋がっていく過程が
よく分かりました。

そして、ベン・シャーンが素晴らしい写真家だったことも
大きな発見でした。
独特のアングルと距離感で切り取った写真は
作品を作る時のイメージソースになり、一つのモチーフが
写真から素描、版画、絵画と重なり、イメージは意味と
姿を変えて、独自の世界に辿り着きます。

様々なメディアをクロスするアーティストとしての
ベン・シャーンという側面に光をあてた展示の試みも
新鮮で充実したものがありました。
名古屋・名古屋市美術館(3月15日木 2012年)_a0099744_12224751.jpg
名古屋は街の中心部と地下街が発達していて
とても賑やかな雰囲気・・
美しい建築物や立派な公共施設も多く、
人も街も余裕があって、大都会でも温もりを感じました。
名古屋・名古屋市美術館(3月15日木 2012年)_a0099744_1223124.jpg
いろんなところにデザインが潜んでいて、
地下鉄のモザイクアートもステキでした。
by atorie-n | 2012-03-16 12:23 |

名古屋・覚王山

名古屋・覚王山_a0099744_121733.jpg
ベン・シャーン展を見た後、覚王山へ。
日本で唯一お釈迦様の遺骨を安置する寺「日泰寺」で知られる
覚王山には数年前にも来たことがありますが、
なんとなく また訪れたいと思っていました。

境内の梅の花がちょうど咲き始めていて、
北風が冷たい日でしたが、幸せな気持ちに満たされました。
名古屋・覚王山_a0099744_12171984.jpg
覚王山の裏の小径にはニャンコもいました。
近所の人にゴハンをもらっていた外猫さんは「松」という名前で
ナント16歳だそうです〜
名古屋・覚王山_a0099744_12173545.jpg
少し歩くとキノコみたいな給水塔に遭遇・・
調べたら名古屋最古の給水塔でした。
東山給水塔は普段は門が閉まっているので上の方しか
見られませんが、年に2回公開されているようです。
名古屋・覚王山_a0099744_1217508.jpg
覚王山の参道は昔ながらの懐かしい風情と新しさが存在していて
個性的で素敵なお店がいろいろ・・
名古屋・覚王山_a0099744_10282080.jpg
名古屋・覚王山_a0099744_1218613.jpg
前回来た時はえいこく屋さんで美味しい紅茶を沢山買いました。
今回はえいこく屋特製カレーきしめんをお土産に購入〜
名古屋・覚王山_a0099744_12182624.jpg
覚王山の住宅地にひっそり佇む揚輝荘は松坂屋の初代社長
伊藤次郎左衛門祐民氏の別荘です。
メインの建物は改装中で2年後にしか見られないようですが、
素晴らしいお庭を拝見できて感激!
名古屋・覚王山_a0099744_12184185.jpg
白木の手彫りの擬宝珠無双窓が美しい白雲橋では
橋の上を舞台に舞踊などのイベントが開催されているようです。
名古屋・覚王山_a0099744_1219844.jpg
三賞亭は大正7年に茶屋町から移築された茶室。
こんな風情のある丸窓から景色を眺めてみたいものです。
名古屋・覚王山_a0099744_12192587.jpg
昭和のはじめに松坂屋京都店から勧請された豊彦稲荷。
思わず商売繁盛をお祈りしました〜
名古屋・覚王山_a0099744_12194112.jpg

by atorie-n | 2012-03-16 12:19 |

名古屋・大須観音

名古屋・大須観音_a0099744_12141820.jpg
最後に大須観音
日本三大観音の1つとも言われる観音霊場である大須観音は
もとは尾張国長岡庄大須郷(現在の岐阜県羽島市大須)に
ありましたが、水害が多かったために1612(慶長17)年
家康の命によりこの地に移されました。

碁盤の目のようなアーケードが続く商店街は活気があって
アメ横みたいな雰囲気でした。
時間がなかったので、きしめんも ういろうも食べることが
できず残念・・
名古屋・大須観音_a0099744_12154516.jpg
味噌煮込みうどんは名古屋駅のセントラルタワーズで
最後にいただきました。
太くてコシのある生麺に八丁味噌と白味噌が調和して
美味しかった〜
名古屋・大須観音_a0099744_121621.jpg
今回も青春18切符で出掛けたので、あまり時間の余裕は
ありませんでしたが、とりあえず目的は達成できて大満足!
次回は常滑や瀬戸など、焼物の里を散策したいです☆
by atorie-n | 2012-03-16 12:16 |

TUE 13 MARCH 2012

TUE  13  MARCH  2012_a0099744_104352.jpg
寒くてお布団からなかなか抜け出せないピカ。
アクビして起きるのかと思ったら、またウトウト・・
まだしばらく冬眠が続きそうです。
TUE  13  MARCH  2012_a0099744_1069100.jpg
キュッと丸まって夢の中・・
TUE  13  MARCH  2012_a0099744_105024.jpg

by atorie-n | 2012-03-13 10:13 | 猫のピカ&リリー